福岡の設計事務所はアトリエスクエア1級建築士事務所

logo1 福岡の設計事務所homeコンセプト作品集設計の流れ事務所概要リクルートQ&Aコンタクトlink

普段の生活導線を考えた家づくり

設計事務所では一戸建ての設計において、生活動線を考えたづくりを行っています。家族構成やライフスタイルに応じて、ふさわしい間取りを考えていけるのが自由設計のメリットです。生活動線を工夫することで、使い勝手は大幅に高まります。

■ 動線に沿った間取りを

動線に沿った間取りを

「動線」とは人の動きを線で結んだものです。より生活しやすい空間にするためには、動線に沿って間取りを考えることが大切です。それぞれの部屋には役割があり、機能ごとにいくつかのゾーンに分けることができます。

炊事・洗濯・掃除などの家事をするゾーン、子供部屋や寝室などのプライベートゾーン、キッチンや浴室、トイレなどの水回りゾーンなどがあり、ゾーン間を線で結んだものが動線となります。

ポイントは、動線がなるべく交差しないようにすること、線の長さ(移動距離)を短くすることです。

例えば、洗濯機の置かれた洗面室とキッチンが近ければ、家事をするときの移動距離が短くなります。朝起きてから夜眠るまでの過ごし方を考えながら間取り図を眺めると、使い勝手を具体的にイメージできると思います。

■ 動線の中心はリビングに

動線の中心はリビングに

リビングを生活動線の中心にするのも1つの方法です。以前の住宅では、部屋から部屋へと移動するときに必ず廊下を通るような間取りが主流でした。
最近ではリビングを生活動線の中心にする間取りが増えています。

リビングからキッチンやトイレ、2階の部屋へと直接行けるようにするという間取りです。廊下の面積が減って居住空間が広がりますし、リビングを通して家族の繋がりが感じられる空間となります。

家族と一緒に普段の生活動線を考えることは、快適な住まいづくりに欠かせない作業です。今の生活の中で不便な点を考えてみると、生活動線を意識した理想の間取りが見えてくるでしょう。

当設計事務所は、お客様のライフスタイルや生活導線を考えた設計で、暮らしやすいデザイン住宅・リフォームをご提案します。対象地域は福岡県福岡市及びその近郊です。福岡で設計事務所をお探しでしたら、お気軽にお問い合わせください。

                                                                                                                       
  設計の流れ bback     bnext Q&A              ttop Page Top 

福岡の建築事務所

福岡戸建てをお考えなら、建築設計事務所の【アトリエスクエア1級建築士事務所】へご相談ください。 福岡設計事務所アトリエスクエアでは、上品、モダン、和風などお客様のご要望に併せ、使い勝手を考慮した設計をご提案しております。 今まで100件以上の実績があり、特に戸建て住宅をメインに活動している設計事務所です。
本サイト内にて実際に設計を手がけました住宅のご紹介や、設計に対するこだわりなどをご紹介しております。

福岡の設計事務所|HOMEコンセプト作品集設計の流れ事務所概要Q&AコンタクトLINKサイトマップコラム

-アトリエスクエア1級建築士事務所
-